陶芸用語 





【わ 行】

・輪糸切(わいときり)
茶入れの底に木の年輪のごとく 多数の同心円を切り刻んだもので本来の糸切りではない。尾張陶祖の春慶茶入れに多く見られる。
・脇取(わきどり)
高台の脇取りで、楽茶碗の 高台の脇を箆などで削り取る際、 一種の高低と凹凸を見せ親しみを出し茶碗を手に取った時の持ち工合が快いようにつくる。
・輪高台(わこうだい)
蛇の目高台の輪が 普通より太めになったもの。 茶碗の高台としては品が良くないと云われている。
・渡伊羅保(わたりいらぼ)
朝鮮産伊羅保の一種。刷毛目のあるものをいい、また 朝鮮伊羅保ともいう。
・渡茶碗(わたりちゃわん)
外国より舶載した茶碗の意。
・和物(わもの)
中国、朝鮮、その他海外物に対し我が国所産のものをいう。 また茶人の窯分けによる和物とは瓶子窯(へいじがま)、本窯、後窯(のちかま)、国焼(くにやき)の四種の総称。
・輪焼(わやき)
重ね焼の際、上の器物の高台の当たる部分のみ、 下の器物内面の釉薬を円く剥いだものをいう。中国磁洲窯系、朝鮮の粗陶などにある。
・藁白(わらじろ)
藁灰で作った不透明な白釉。白萩のようなものがある。
・藁掻(わらがき)
藁でかいて描いたような感じの模様。 白絵の化粧がけを行った後、乾かないうちに手近な藁などで掻いて作った模様。
・藁灰釉(わらばいゆう)
稲の藁の灰を主成分とする釉薬(ゆうやく)。珪酸分が多く焼くと白濁に変化。
・輪焼(わやき)
中国磁洲窯系や朝鮮の粗陶に見られる焼き方。 重ね焼きの際に下の器物内面の釉薬が、上の器物の高台の当たる部分だけ円く剥がれたもの。
・割高台(わりこうだい)
輪状ではなく、1〜数カ所をV字形に欠き割ったようにした高台をいう。
・割山椒(わりざんしょ)
山椒の実がはぜた姿を3〜5弁の鉢で口縁から胴にかけて深く切り込みの あるもので向付に多く見られる。 唐津焼、志野焼の向付に多く、特に切れの深いものが喜ばれている。
・椀久(わんきゅう)
茶碗屋久兵衛。
・椀形茶碗(わんなりちゃわん)
呉器似た椀形をした茶碗。高台は呉器ほど高くないが、鉄鉢形茶碗の口を大きめに したようなものである。
・ワンツケ
大物を作るのに上半分、下半分を夫々轆轤上で作り、後ですぐに両者を 接続して一個とする方法。

UP

メニュー



TOPに戻る


(最終更新日 2014.04.17)