陶芸用語 




【た 行】


UP 

・叩き(たたき)
粘土を紐状にしたものを輪積みし、内側に当て具をして、外側から叩き棒などで叩き締める成形法で、 壷、瓶等の成形には多く採用されます。
・叩き作り(たたきづくり)
刻文等が彫られている叩き板で器表を叩きながらならしていくため、器表に文様となって残る成形法のひとつです。
・畳付(たたみつき)
茶碗などの高台部分で、畳に直に接する箇所から名が付きました。
・たたら造り(たたらづくり)
陶土を板状にしたものを、成形目的に合わせて切ったり、付け足したりして成形する方法で通常単に「たたら」ともいう。
・玉垂れ(たまだれ)
松の木の灰が器にかかり高温で熔けて流れだしたものをいい、 景色として喜ばれる。
・玉縁(たまぶち)
器の口縁を若干厚みをもたせて玉のように丸く作った形状をいう。
・茶陶(ちゃとう)
茶の湯に用いられる茶壺(ちゃつぼ)、茶入(ちゃいれ)、建水(けんすい)など喫茶に関わるものから懐石の道具、 炭道具など多彩な焼き物のをいいます。
・茶筅摺り(ちゃせんずり)
茶碗の見所の一つで茶溜まり周辺の凹凸部分を云います。
・茶溜まり(ちゃだまり)
見込みの中央底の窪み部分で茶がたまる事から名が付いた、茶碗の見所部分として 侘び茶の景色として、茶碗作陶の約束ごとになっている。
・土味(つちあじ)
陶磁器の観賞や鑑定状の要点として陶磁器などの土の状態を玩味すること。
・土見せ(つちみせ)
茶碗の高台回りなど釉薬が掛からない部分で素地が見える見所の一つを云います。
・土型(つちかた)
土で作られた型のことで、棒で叩きながら形を作る「型打ち」と粘土板を型にかぶせる「糸きり細工」の2通り。
・付高台(つけこうだい)
茶碗を成形した底に、別に作った高台を密着させて高台を作る一つの技法で、これに対して削りだし高台がある。
・筒型茶碗(つつがたぢゃわん)
円筒形の胴をした茶碗をいいます。
・筒形(つつがた)
適度の深さがあり円形や角柱形が多く、扇形や花形などもある向付(むこうづけ)の器形をいいます。
・鶴首(つるくび)
首が鶴のようにすらっと長い器を鶴首といい、徳利や花生などにあります。
・天目茶碗(てんもくちゃわん)
釉中の鉄分によって黒色を呈し、鉄分が少なければ飴釉、多い場合は柿釉となる。 元来僧侶が中国から持ち帰った黒釉茶碗を天目茶碗と呼んだことに由来し、現在は黒釉陶器を天目と称するようになった。
・樋口(といくち)
茶碗の口縁に篦で切り回しが施され、あたかも樋口状になったのをいう。
・陶器(とうき)
主原料は粘土。焼成温度が土器より高く、非透光性で若干の吸水性がある焼き物。
・陶工(とうこう)
陶磁器の製作に携わる人。陶芸家・陶芸作家に対する言葉です。
・陶壁(とうへき)
建築物の特定部分に使用されている陶磁器で製作された壁面。
・兜巾(ときん)・兜巾高台
高台の中央部が突起しているものをいい、突起の形が山伏のかぶる兜巾に似ていることからこの名がついた。
・飛び鉋(とびかんな)
乾燥前の素地(きじ)にヘラを当てて軽くひっかけるようにしながら轆轤(ろくろ)を回すと箆が振動し一定間隔でできる模様をいう。
UP


メニュー



TOPに戻る


(最終更新日 2014.04.17)