陶芸用語 





【ら 行】

・礼賓三島(らいひんみしま)
朝鮮三島手の器に、礼賓寺の三字あるいは礼賓の二字あるいは礼賓寺用の四字があるもの。
・らかん
江戸時代製の玩具文散らし手焙りにこれがある。年代、作者は不明であるが胴貼り付けた魚、
鳥、鈴、雛人形、兎、獅子の玩具模様は乾也の作 風を思わせるところから、本所五つ目(墨田区)
五百羅漢寺の求めに応じ乾也が作ったものではないかといわれている。
・らん
楽家では茶碗の口作りの高低をいう。 瀾または乱の意味であろうか。世に五岳などと称するところで、口が一直線をなさず凹凸 があって曲がりそこに視覚と触覚とが交響する効果を求める。
・溜火(りょうか)
窯をたく場合の最初の小火。水が滴溜するように徐々に焚き 坏土の水気を次第に蒸発乾燥させて 坏土を火になれさせるのである。景徳鎮には もっぱら溜火のみを取り扱う溜火工がいた。
・柳枝(りょうし)
明石焼きの銘。
・輪花(りんか)
器の口縁に刻みを入れ、花弁のような形にしたもの鉢や皿。
・輪車(りんしゃ)
轆轤の別名。
・輪立(りんだて)
一輪挿し異称。
・弄山(ろうざん)
万古焼の開創者。その作を弄山万古または古万古と呼ぶ 伊勢国(三重県)桑名の人。
・瑠璃(るり)
酸化コバルトを長石に混ぜた高火度釉で鮮やかな藍色に発色する。
・蓮弁文(れんべんもん)
ハスの花弁をあらわした連続文様で高台や高台脇などを一周する文様として見られる。
・炉(ろ)
焼炉すなわち窯。
・蝋抜き(ろうぬき)
装飾技法の一種。溶解した蝋液で模様を描き後に彩料を施せば、その部分は彩柚を はじき素地の色を出して装飾となる。 最近ではビニール液が代わって用いられることが多くなった。
・轆轤目(ろくろめ)
成形時の轆轤の回転によって器面ついた指痕や箆(へら)、鉋(かんな)痕が筋状に現れたもので一種の装飾と して茶碗や茶人の見所になっています。 作風にもよりますが普通は作為的に行われています。
・ロストル
窯の中にある薪などの燃料の下にある火格子をいう。
・六古窯(ろっこよう)
中世を代表する窯場として備前(びぜん)、瀬戸(せと)・常滑(とこなめ)・越前(えちぜん)・信楽(しがらき・丹波(たんば)の六つの窯場を指す。
・芦箙尊(ろふくそん)
梅瓶に似て、痩せ形で白い大根のような尊である。
 

UP


メニュー


TOPに戻る


(最終更新日 2014.04.17)