陶芸用語 


【な 行】
・流掛け(ながしがけ)
施釉法の一つ。釉薬を上から流しながら掛ける。大形の器物に用いられる。中国では交釉と称する。
・茄子徳利(なすびとっくり)
なすの形の面白さを象(かたど)ってつくった徳利で各地の窯で焼かれた。
・菜種(なたね)
備前焼(伊部焼)肌に菜種の花のような黄色が点点あるものをいう。
・流(ながれ)
釉薬が垂れ下がったものをいう。
・生合わせ釉(なまあわせぐすり)
白玉に対して、原料をそのまま混合粉砕した楽焼きの釉。
・生掛け(なまがけ)
素焼きしないように素地に釉薬を付けることを意味し、中国、朝鮮では普通であるが 我が国では有色b器質のものや大物に多く、白色磁器質のものに行われることは少ない。
・南蛮焼(なんばんやき)
我国で呼ばれた粗磁器は南洋方面から渡来したための名称。
・軟釉(なんゆう)
低火度焼成の釉。 強火度に比べ柔らかいのでこの名がある。
・日本六古窯(にほんろっこよう)
中世を代表する窯場として岡山県備前市の備前(びぜん)、愛知県瀬戸市の瀬戸(せと)・愛知県常滑市の常滑(とこなめ)・福井県丹生郡織田町および宮崎村の越前(えちぜん)・滋賀県甲賀郡信楽町の信楽(しがらき)・兵庫県多紀郡今田町の丹波(たんば)の六つの窯場を指す。
・布目(ぬのめ)
型に麻布を敷いて素地(きじ)をはがしやすくするが、その時、素地(きじ)に残る布目の跡で一種の装飾として利用されている。
・捻じ上げ(ねじあげ)
大型の壺甕を紐作りする際のテクニックで愛知県の常滑地方の用語
・猫掻(ねこがき)
猫の爪で引掻いたような細かい訳のわからない刻線のあるものをいう。
・登り窯(のぼりがま)
斜面を利用し、細長い部屋を数室連続した構造で余熱を利用しながら焚き上げる窯を言います。
UP"


メニュー



TOPに戻る


(最終更新日 2014.04.17)