器を大切に使用しましょう。

焼き物は大きく陶器磁器に分類されます。
陶器は粘土を焼成したもので吸水性があります。
そのため汚れがつきやすく、放置しておくと臭いやカビの原因になることがあります。
磁器は陶石を砕いた粉からつくられ焼成したもので焼きが硬く、質が緻密で吸水性はありません。
そのために、特に陶器には ちょっとした気使いとお手入れで汚れや臭いカビを防ぎましょう。

 新しい器を買ったら
高台を確認します

陶器の高台は、ザラザラしている場合があります。
そのまま使用すると、テーブルなどにキズをつけたり他の器に傷つけることもあります。
ザラザラしていたらサンドペーパーや砥石等でこするなどして滑らかにしてください。

器にラベルやシールが貼られていたり汚れていることもあります。
使用前にぬるま湯にしばらく浸けておき、ていねいに洗ってください。
お湯で充分に洗い流し、スポンジなどを使って、器についた汚れを洗い流します。
この場合、色絵や金彩などの器は傷が付きやすいので注意しましょう。
煮沸します
器の汚れをよく洗い流したら鍋に水を張って器を煮沸します。
特に米の研ぎ汁で煮沸すると陶器にある目が埋まるので汚れがしみにくくなります。
この時、破損を防ぐ意味でも器が踊るほどの強火で煮沸しないように注意しましょう。
また煮沸したら急冷せずに自然に冷まします。
磁器には吸水性がないので、煮沸する必要は特にありません。
するとすれば消毒の意味で過熱すればいいでしょう。



乾燥させます
生乾きのまましまうと、カビの原因になるので注意してください。
十分に乾燥させた後に食器棚にしまってください。
使う前に
水につけます
陶器は、料理や飲物の汚れがしみ込みやすいので盛る前に水に浸しておき、かるく拭いてから
盛り付けします。
このように使用前に水分を吸わせるますと、料理の汁や油また茶渋、シミ等がつきにくくなります。

赤絵や金彩などの上絵付が施されているものには、酢のものは盛らないで下さい。
上絵が酢で変色することがあります。

焼き締めのうつわに魚料理をのせると生臭さがついてしまいます。
使用前にキッチンペーパーなどに軽くサラダ油を含めコーティングすると匂いがつくのを防ぐ効果があります。
使い終わったら
使用後はなるべく早くお湯で洗いましょう
使用後に長時間浸しておくと、汚れや洗剤が染み込んでしまい、カビ、シミや臭気を発生する
原因になりますのでご注意下さい。

色絵や金銀彩の場合

強くこすると上絵等がはがれたりすることもありますので柔らかいスポンジでやさしく洗って下さい。

破損しないために
食器は洗うときが一番破損しやすい時です。
大切な器を洗う時は、シンクに厚手のタオルかシンクマットを敷いておくと、落下した場合でも、
破損を防ぐことができます。
シンクでは一度に洗わず、一枚ずつ丁寧に洗うようすると安心です。
洗剤で指が滑りやすいので高台に手をかけて慎重に洗ってください。
食器洗浄機で洗うと、細かいキズがついたり、することがありますので高価な器は出来るだけ
手洗いしましよう。

漂白剤を使用する場合
おち難い汚れが付着した時は、薄めた漂白剤に浸すのが効果的です。
漂白後はにおいがなくなるまで十分にすすぎます。
それでも漂白剤の匂いがとれない場合は煮沸してみてください。
上絵や金彩銀彩、プリントがなされているうつわを漂白すると変色してしまう可能性もありますので
軽く洗う程度のお手入れにとどめましょう。

自然乾燥をさせてから収納
煮沸の時と同様、充分乾燥させた後、食器棚に保管しましょう。
特に陶器は吸水性が高いので生乾きのままで収納するとニオイやカビ・シミの原因になります。

陶器の場合、
ふきんで水気をとった後、すぐには片付けないで十分に乾燥させてから収納しましょう。
重ねて収納する場合は、食器同士で傷つけてしまう恐れがありますので、ペーパータオルや和紙等を
間に挟んでください。
その他
電子レンジの使用?
釉薬ものは溶解や変色のおそれがあります。
電子レンジは使わない方がいいでしょう。
金銀彩が入っている器は、その部分が黒ずんだり、はがれたりすることがあります。
貫入のある器はレンジで使用すると割れることがあり、何度か使って割れなくても、
もろくなって自然に割れてしまうこともありますのでご注意下さい。
2 食べ残しを長く冷蔵庫にしまうのは良くありません
料理の汁分を吸収してカビやシミの原因になります。




メニュー

TOPに戻る