一つ前のページ
岡山県邑久群長船町の邑久窯址群

邑久窯址群は古墳時代後期から奈良時代末まで 存続するがさらに北方の備前焼を主とする伊部 古墳群に引き継がれる。
20m〜100mの丘陵斜面に築窯された丘陵下には 東須惠・西須惠の名が見える。 
付近には服部・土師の地名も分布するが、いずれにせよ大規模な窯業地域の原動力となった須惠工人群の
居住地として丘陵下の須惠集落を想定できる。

参考文献: 古代手工業歴史地理学的考察 
        高橋誠一著






メニュー

TOPに戻る