備前焼の窯変

・胡麻(ごま)
松割木が燃えてできた灰が陶器の表面に自然に降りかかり 窯の高い温度で溶けて釉化した状態となり、胡麻のようになるところから名が付けられました。
付着してできた発色により、黄胡麻茶胡麻白胡麻青胡麻等様々な色を呈します。
またこの胡麻が表面に付着してカサカサと荒れた状態になったものを「カセ胡麻」といい、焚き口から遠くに置いて、 ふりかかる細かな灰だけにすると、しわのある焼き上がりになりメロン肌に似ているところからメロン肌、 あるいは榎肌(えのきはだ)と呼んでいます。
・玉だれ・・・胡麻だれ
焚き口付近の火力の強い場所に置かれていると灰も多く、とけて流れ出したガラス状態のものを玉だれ云います。青、茶、黄、紫蘇色等の色に発色します。
また人為的に作り 出すため灰を焼成前に作為的に付けて焼く場合もあります。
・窯変(ようへん)
本来は窯のなかでの変化をいいますが、通常は器物が灰に埋もれて焼かれたときに変化した景色を云います。すなわち焼成中、埋もれた部分だけ還元焼成により、黒、青、灰色などとなり、直接炎が当たったところは赤褐色となってできる色替わりを呈します。この窯変は、炎と土と薪が燃え尽きて融合した備前焼最高の景色です。そこには偶然の発生確率を高める陶工たちのノウハウと窯詰め作業が大きく左右されますが、祈るような思いも随分有ります。
・桟切(ざんぎり)
間仕切った桟の付近が変色しやすいことから桟切(ざんぎり)と云われています。
片側は飛んできた胡麻が降りかかり、その反対側は薪の灰に埋もれて還元炎焼成となり窯変を生じるからで、赤、黒、青、金、銀などの窯変を呈します。これらを桟切と呼び備前独特の肌合として茶人に大変喜ばれています。
自然桟切:上記の桟切をいいます。
人工桟切:自然桟切りを人為的に作ったもので、火を止める直前に大量の木炭を投げ入れ、 還元焼成させて作為的に変化をさせたもの。
・牡丹餅(ぼたもち)
皿とか鉢などの器物の上に円形等の物を置いて焼くと平たいところには炎が当たらず胡麻も 降りかからないため、取り除くと作品の丸い跡が残ります。
この景色を牡丹餅と呼び、赤色、白、茶色など色々のものがあります。
・緋襷(ひだすき)・・・・火襷(ひだすき)
 一度に多量の作品を重ねて焼く場合は、作品同志のくっつきを防ぐため間に藁(わら)を はさんで焼成しますが、焼成後この藁のあとが赤い襷をかけたような筋となります。
これは藁のアルカリ分と土の鉄分とが反応し出来た線状の模様が緋だすきです。
現在は作為的に作り出され、色は赤の他に茶色、紅色、青、黄、紫蘇等の色にもなります。
備前焼の代表的な窯変といえます。
・青備前
たくさんの灰に埋もれると直接火にあたらず、そこだけ還元焔焼成(いぶし焼き)になり、ねずみ色、青色などの発色と模様ができます。現在では木炭を使って人工的に作られる事が多いです。 食塩を使った青備前は、食塩青といいます。
・こげ
大量の灰が降りかかり、真っ黒に焦げ付いた状態になったものをいい荒々しい景色を呈します。

 



メニュー

TOPに戻る