茶碗の鑑賞点を大別しますと形と景色ですが、茶碗の形で見ると口造り、胴、腰、高台、見込み等の各部と、全体のバランスが鑑賞点となります。
景は釉薬、描画、備前焼では火のなせる技と云いますか、窯変等の景色が見所になります。
このページでは茶碗の鑑賞点の形、特に茶碗各部の名称と簡単な解説をしています。
これらの鑑賞対象をくみとって茶碗の持つ雰囲気を感じましょう。



下図は代表的な茶碗の各部名称を表しています。
     

  • 口造り: 口縁の口造り。    
  • 胴:茶碗の主要部分をなすところでその中央部の膨らみを腹とも云います。
  • 腰:胴の下部から高台脇までの部分。
  • 高台:茶碗の底に付けられた基台の部分。
  • 高台内:高台内部で高台裏とも云います。
  • 見込み:茶碗の内面全体。
  • 茶巾摺り:茶巾が当たる部分
  • 茶筅摺り:茶溜まりの周辺凹凸部分で茶筅が当たる箇所ということで名がつきました。
  • 茶溜まり:茶碗内部のくぼんだ底部を云います。        





メニュー

TOPに戻る