壺はものを入れる日常雑器で古き時代より焼かれていますが、 甕に比べて小型で口が小さくしぼまっていている形状で水や油、味噌、醤油、種等を入れました。
ここでの解説は葉壺を除く日常雑器の壺で、時代によって成形や景色等に色々な変化が見られます。

西暦
時代 形状 特徴
794
〜1191
平安時代
口は比較的大きい
口縁は太くはないが玉縁である
べた高台が多いが入れ底もある
胴径1に対し高さ1.5の形状
須惠器に近い還元焔焼成で灰色
轆轤仕上されている
紐作りで胴継ぎがある
1192〜1393
鎌倉時代
(熊山窯)
     200年
大きさは40cmぐらいまで
玉縁で全体に太く球形であり、捻り返しがついている
胴径1に対し高さ1の形状
高台が比較的薄い

轆轤仕上げ
箆目が見られる
酸化焼成で茶色
胡麻等の窯変が見られる
2〜3本の直線文や波状文または蓮弁が刻まれている
力強い作風
1394〜1444
室町初期〜
中期

     50年
玉縁が多いがやや細く丸みがない
肩は鎌倉に比較しなだらかである
三耳付、四耳付もある
胴は細長い傾向である
高台はうすい作風
焼成温度が低く堅牢性に欠け迫力がない例外品として直線文、または波状文で端正な形状で優品もある

多くは箆目のない無紋壺
景色のないものが多い
1445〜1491
室町時代
中期
(浦伊部窯)
     46年
玉縁
胴には箆による猫掻きが見られる
ずんぐりした形状
厚い高台
堅牢で厚手になり迫力重量が増える
波状文が多くなる
青胡麻のものもある
紐作りはこの時代まで殆どなくなる
1492〜1572
室町時代
末期
 80年
(山麓窯)
玉縁は少なく細く丸く外側に反っている
縦長の形状が多い
高台は厚いものが多い


轆轤成形で轆轤目が見られる
胴の継ぎ目はない
全体に重厚である
出来がよいものが多い
紫蘇色や青胡麻もある
1573〜1623
桃山時代
        50年
壺の種類、大きさなど様々なものがつくられる
口作りは比較的うすく口縁部は平らで鍔口になっている
耳付が多く見られる

いろいろな窯変が見られる
(胡麻、牡丹餅、火襷、被せ焼など)
田土が用いられる様になり塗土がふえる


1624〜1867
江戸時代
(大窯初期)   60年
(大窯中期) 120年
(大窯末期)   30年
(天保窯)       40年
壺は江戸初期までで、ほぼ止まる
作風は桃山と同じ



水簸した土を用い粒子は細かい





 


メニュー

TOPに戻る