徳利は備前焼には欠かせない陶器の一つです。
昔から備前焼で呑むと風味が変わらず美味しさが増すともいわれてきました。
おそらく,古備前を所有することは一つのステイタスでもありました。
古備前の徳利にはお預け徳利、鶴首徳利、尻張り徳利、蕪徳利、らっきょう徳利、人間徳利、角徳利など多数の種類があります。

西暦
時代 形状 特徴
794
〜1191
平安時代 お預け徳利
つる首徳利
灰色一色
1192〜1393 鎌倉時代〜
(熊山窯)       
     200年
殆どなし ------------
1394〜1491
室町初期〜
中期
(浦伊部窯)
     100年
殆どなし ------------
1492〜1572
室町時代
(山麓窯)
     100年
室町後期になり
お預け、つる首、
辣韮徳利が作り始められます。

重心は低く徳利の下三分の一
ぐらいで重量の半分程あり、
ずっしり重い。
1573〜1623
桃山時代
        50年
室町末期から桃山にかけて
多く作られた。
辣韮形や肩衝形が殆ど。
轆轤回転が速く首の内側が
らせん状の様な捻り上がり。
これは作り上げられた時代を見るときの要素になります。
1624〜1867
江戸時代
(大窯初期)   60年
(大窯中期) 120年
(大窯末期)   30年
(天保窯)      40年
江戸時代初期、中期は少なく
末期になり増えてくる。
貧乏徳利や芋徳利で
窯変や出来栄えにより
価値が決まる。

 


メニュー

TOPに戻る