備前焼の歴史概要

日本の焼き物の良さは、土の味、肌の美しさに有ります。色、形、模様よりも
偶然に火のなせる技により生じた器面の変化や素地の面白さに その味わいがあります。 
日本の焼き物の良さは、そんな処に有るのではないでしょうか





縄文式土器

世界四大文明発祥地からでなく、九州佐世保市の泉福寺の洞穴から最古の土器が出土しています。
炭素14年代測定法で約一万八百年前と測定され、縄文式土器は土器発祥以来を縄文時代と云われていますから、縄文時代は一万年以上も続き、紀元前三百年まで 続いたとことになります。






弥生式土器

縄文式土器と弥生式土器は技術的には変わってないと云われています。大きな違いは形と作風が変わっています。 すなわち左右均等のとれた統一感の造形です。
東京大学構内の弥生町で出土、町名にちなんで弥生式土器と名付けられたのです。




 ・



土師器・古墳時代
須恵器は紀元前4000年頃に発達した中国の流れを汲み、5世紀に朝鮮半島の新羅(しらぎ)・百済(くだら)を経由して日本に入ってきました。半地上式の穴窯で、高温で 焼かれた完全な陶器です。 弥生式土器につづくのは土師器(はじき) です。
技術的には弥生式土器の延長線上にあり何ら変わっていないのです。
弥生時代に続く古墳時代の出土土器をどう名付けるかの時代区分の問題から土師器と云う名を作り出されました。
* 参考:日本の土師器・須恵器
今でも堺の泉北ニュウターウンを中心に陶器に関係すると思われる地名、神社などが各所にあります。
堺市には、古くは四ツ池遺跡、仁徳天皇陵に代表される遺跡、土師遺跡や須恵器の大生産地高蔵窯跡では窯数500基、散布地は1000ヶ所と云われています。
その他多くの古墳や遺跡が数多く残され、土師器は弥生式土器の一種で、土師部 工人集団に率いられた土師部が造る土器でこのように呼ばれています。
今の素焼のようなものです。
古墳時代中期4〜5世紀初頃、古墳の造営は首長や実力者に限られており、巨大で数も 少ないものでしたが、5世紀末〜6世紀初古墳時代後期には、大世帯の家長層と その家族を 葬る墳墓が無数に造られるようになり、古墳の全国的な普及と拡散が起こります。
それに伴って、古墳文化の担い手であった土師器・須恵器の工人集団も全国に拡散して 行きました。
これらの文化遺産は、わが国の古代歴史上、幾多の先人達が果たした重要な役割を 示しています。 この土地には今も人名に「土師」と云う名が多いです。
この地は特に、須恵器で有名な土地柄(陶邑古墳群)で、五世紀から十一世紀まで 続いた窯場です。
* 参考:この頃から、ろくろ、穴窯、焼成技術を知る

山陽地域も例外でなく古墳の密集地で、山々のいたる処に群集墳があります。
備前にも土師器・須恵器の工人達が居住するようになるのはまさにこの時期からなのです。
岡山の邑久郡で焼かれていた寒風古窯を母胎とした生産地の須恵器がその源流です。
これら工人達は一般の日用雑器と埴輪や古墳の副葬品をより多く作っていたのです。




*参考:平安末期までは須恵器共存時代で還元炎焼成のため灰色の肌あいが多い。
元来、歴史的に見ると日本の陶磁器に関する技術は中国に対し2000年、朝鮮に対し 1000年の遅れがありましたが、高火度の釉薬がかかった焼き物は最古の物で平安時代 からです。 日本は中国、朝鮮の二国の影響を大きく受けて発達したものの、そのまま写したのではなく、日本独自の作風の道を進んできました。
備前焼は、わが国の六古窯の中でも最も古い焼き物で、平安末期ごろから始まり備前焼の特徴が生まれます。


考:熊山付近に窯が築かれ完全な酸化焼成によって濃褐色によく焼き締まった備前焼の 誕生、壷(つぼ)、甕(かめ)、擂鉢(すりばち)の三種が主

熊山の斜面に窯がいくつか築かれ、主に大甕、壺、摺鉢など日常雑器が主に焼かれました。
この時代の甕や壺の外側には紐作りによる平行な 凸凹目が見られ、また口作りもほとんど玉縁となっています。
熊山窯は次第に生産量を増やしますが、それは逆に輸送面で不便になり、 やがて窯場は山を下り海上輸送のできる片上湾に面した浦伊部地方に移動します。


*参考:室町中期戦乱のため質の低下をみる。
信楽・南蛮などの焼き物と共に、一躍世間で脚光を浴びるようになりました。そして歴史の 中で戦国時代には焼き物に目を向けている余裕はなく、数年前に信楽のある窯元で、 時代ごとに所有保管されている大瓶を見せてもらった事が有りましたが、戦国時代の物は 荒さが感じられ、ゆとりをもって作る余裕もなかったと思います。落ち着いた時代は それなりに、それぞれの時代を反映した作りだったと記憶しています。


山を下りて浦伊部に窯を開くが、当時の浦伊部では、すでに平安時代から須恵器を焼い ていました。
しかし山を下りた陶工が焼く備前焼へと移行されるようになります。 
浦伊部では熊山窯に引き続いて大甕、壺、摺鉢が主に焼かれています。
これらは日用品として作られるため、堅く焼き締められ作りも荒々しいですが、 逆にそこに無作為の良さがあり雅趣に富んでいます。
足利8代将軍足利義政の頃村田珠光は茶道を開祖し、当時流行していた唐物中心の 豪華な書院の茶の湯に対し、侘びさびを重んじる四畳半の草庵の茶を始め、茶道具も 従来の唐物から侘びた道具へと姿を変えていきます。
そして備前焼も茶道具の中に取り入れられていきました。
当初は壺などが水指に転用されていましたが、次第に茶陶として注文されるように なります。
そして転用ではなく水指として焼かれる様になります。
室町末期(1492〜1572)  (山麓窯:約100年)
室町時代末期になりますと茶の湯がますます盛んとなり、水指、花入、茶入など 備前焼の茶陶が焼かれます。
*参考:室町後期には共同大窯築窯、 田土の使用、ろくろ一本挽き成型法の採用

桃山時代になり、世の中も落ち着き芸術が開花しました。
武将として信長、秀吉、茶人として利休織部画家に狩野派、その他僧侶や文人、 歌人が活躍した時代に数多くの焼き物が作られ、それも日本各地で独自の陶器が作られ 発達しています。志野、織部、黄瀬戸、伊賀、信楽、備前・・・・、桃山時代の陶器は茶道と いう日本文化が生んだけに日本的な特質を備えています。
この時代の力強く、侘寂をふまえた焼き物は日本の名器を多く生み、後世に大きな影響を 与えています。茶の湯の流行と共に釉薬を用いない焼き締めの渋い茶器が愛用され 茶器の名品が多く焼かれています。


江戸時代徳川の権力も安泰し、この時代あらゆる文化が繁栄しました。
この時代になると陶工達は技術も習得し青磁、白磁、染め付け、赤絵も作れるように なっています。柿右衛門、鍋島、九谷など日本独自の美しい色絵磁器も生まれ、 日本の焼き物は多彩的になり技術的に確立した時期といえます。
現在、ヨーロッパではドイツのマイセンが有名ですが、この時代の有田を中心に日本から 輸入して、洋食器として取り入れて発達したものです。 従って日本が先生といえます。 


元禄期の焼き物は桃山期とは趣を変え華麗で豪華絢爛たる器が作られています。
備前でも備前藩主・池田光政公は備前焼を保護奨励し細工御用人を取り立てています。
  この細工御用人を中心に細工物と云われる布袋、獅子等の置物や香炉なども 多く作られる様になっています。擂り鉢、水瓶、徳利、種壷等もこの頃に多量に生産 される様になりました。
また大形の細工の狛犬が作られて岡山を中心とした日本各地に奉納されてますが、 しかし、藩の保護奨励と強い指導が、かえって作品は規格化されたものとなってしまい、 やがては技法までも指導が入り、備前焼は苦悩の道をたどることになります。


 稼ぎ頭だった擂り鉢も信楽焼や丹波焼の擂り鉢に押される様になってきました。
江戸末期の時代に備前焼の擂り鉢と思われていた物が、大阪や京都、特に大阪の堺で 備前焼の模倣に成功して、似せて作られたいたことが昭和の窯跡発掘で分かっています。
当時の備前としては大変な痛手で有ったろうと考えられます。
また同時に、瀬戸や唐津の陶磁器にも圧倒されてきます。
この頃には釉薬を使用して彩色した彩色備前、京都、片上などの白土に白釉をかけた 白備前、絵備前などは苦境の時代に作られています。


その後も江戸末期ぐらいまで堺では備前焼の模倣で、それなりに活動していたと思いますが、 独自の技術もなく良質の安く丈夫な器が焼けない窯、歩留まりの悪い窯はしだいに淘汰され、 逆に良質を焼く窯だけが残ったのが六古窯だといえます。
備前は日常雑器を幅広く生産して瀬戸内の集散港として全国に販路を持つ地の利から隆盛を 見たと考えられます。

天保窯は別名、融通窯とも云われ、大窯時代には一回の焼成に約60tの薪きを焚き、 製品35,000個を35日かけて焼成したもので、冷却期間もかなり必要であった事から、需要が ないときには、甚だ不経済な窯となってきました。
そのため幕末に窯元達が藩に申し入れ階段状の有段式登窯を設ける事になります。
この窯は焼成期間が8日間と短く便利の良い窯で、今日の登窯の原型となっています。
この天保窯は長さ16m余り、幅約4mと長さ13m、幅3〜4mの2基があり、 不老山の裾野に1基、榧原山の裾野に2基の3基が作られました。
ここまでが通常古備前と云われています。


古備前から現在備前(1868〜2001) (明治:44年、大正:14年、昭和:64年、平成〜)

明治時代には、瀬戸などの実用雑器の大量生産におされ、衰退の一途を辿ることになります。

その後つづいた苦難の時代をのり越えて桃山茶陶の再現を目指した「中興の祖」金重陶陽 (昭和31年に人間国宝に認定・明治29.1.3〜昭和42.11.26)の努力によって 備前焼が再評価される様になり、今日の備前の繁栄を得たと云われています。
その後、この備前で5人の人間国宝も認定され,現在では、およそ400人以上の作家が、 この備前に集まり活躍しているのです。


 



メニュー

TOPに戻る