茶器鑑賞の一つに口造りがあります.
口縁の成形技法の一つですが、この見所は時代や産地を鑑定する上でも貴重な手がかりとなります。
このように口造りや口辺の形は茶碗の造形に大きな役割を果たしています。
また、お茶を飲む時の口当たりは、口造りの成形や釉の感触等で大きく左右されますが、 通常は比較的シャップより穏やかなものの方が喜ばれています。


下図は代表的な口造りの図です。

  1. 口縁の捻り返しに厚みをもたせ丸みを帯びた玉縁(たまぶち)で比較的茶碗には優品が少ないと云われますが壺などには多く見られます。
  2. 口縁の外側に反らせた端反り(はたぞり)で多く見られる形です。
  3. 口の周辺が高く盛り上がっている形の姥口(うばくち)。
  4. 胴から垂直にま直ぐ立った直口(すぐくち)または立口。
  5. 蛤口とは口縁の最上部が蛤(はまぐり)の合口の先端のように薄く尖ったもので、楽茶碗に見られます。
  6. 口縁の天端に箆による切り回しが施され伊羅穂や柿の蔕に見られる細い溝のある樋口(といぐち)。
  7. 天目茶碗に見られる口縁のすっぽん口は碗の立ち上がり形状が深く、口縁で碗側が一度内に絞ってあり,すっぽんの頭の形をしているので鼈口(すっぽんくち)といいます。
    この形状はすばらしく熱い抹茶を飲むのに適した形です。碗の内のせり上がりで茶がとまり啜り(すすり)に従って少しずつ口に入るうまく考えられた形状です。
  8. 口縁部に筆先をしごいて水きりするための切り落としがついた筆洗形です。
  9. 注ぎ口についた片口
  10. 楽茶碗の口造りで、五つほどの山をなす凹凸で五岳または五峰(ごほう)といいます。
  11. 茶碗の形が編み笠のように歪んでいる編笠
  12. 織部口
  13. 摘み出し
  14. おしゃべり口、
  15. 口の上から見た場合は真円形が基本の形で、小判形、沓形、四角、三角、筆洗形、桃形、州浜、多福形などがあります。




メニュー

TOPに戻る