茶器鑑賞の一つに高台があります。
高台は器の底に取り付けられた通常丸い輪の台ですが、 器全体の造形を決定づけ大きな見所となっています。 
このように高台は重要な役割を果たし、窯によって造りが其々にあるため、 茶碗の鑑定する上でも重要な役目を果たします。


下図は代表的な高台の図です。

  1. 一重高台(輪高台)で蛇の目高台とも云い同心円の輪状になっていて最も多い普通の形状です。
  2. 三日月高台(片薄高台)の造りは高台の円厚みが平均せず、一方で厚く、一方で薄い三日月形をしているので片薄高台とも云います。
  3. 切高台は高台の一箇所を箆などで切り込んだもので高麗茶碗に多いものです。
  4. 二重高台の造りは畳付け部分に溝が入り高台が二重になっているものをいいます。
  5. 撥高台(ばちこうだい)の造りは高台の付け根から畳付けにかけて太く広く広がったもので、三味線の撥に似ているところから名が付けられました。
  6. 竹の節高台の造りは高台を削りだして竹の節状に削りだしたもので井戸茶碗や高麗茶碗に多く見られます。
  7. 四方高台の造りは図に示す様に四方形の高台です。
  8. 兎巾高台の造りは高台の中央部が突き出して山腹が頭につける兎巾似た高台です。
  9. 巴高台(ともえこうだい)は高台内部を箆で巴状の渦に豪快にとったものをいいます。  特に下図は二つ巴であり多角高台でもある箆使いの珍しい技法です。
  10. 割高台の造りは高台に数箇所切り込みのはいったものです。
  11. 碁笥底(ごけそこ)の造りは上げ底風で底は角が無く碁笥の底のようなのを云います。
  12. 釘彫り高台の造りは釘で彫ったように見える線刻模様のあるものを云います。




メニュー

TOPに戻る