天津神社本殿
  史跡 市指定文化財(建造物)
天津神社本殿

   昭和56年(1981)7月24日指定


天津神社は、由緒書によると応永18年(1411)以前の創建で、昔は浦伊部にあったが、御神託により、天正7年(1579)に現在地に遷宮した。
本殿は棟札によると延宝6年(1678)の建築で蟇股、虹梁、木鼻の繰形が特にすばらしい流れ造りの、一間社で、江戸時代の一間社建築としての、例のないすぐれた建築である。
 境内には備前焼瓦で葺いた門、現代備前焼作家の陶印入り陶板をはめ込んだ塀、備前焼陶板をしきつめた参道などが配置されていて、初夏に咲く紫陽花の花と印象的なコントラストを見せている。
参堂脇には万延2年(1861)の年号を持つ宮獅子が配置されている。

      平成12年(2000)2月                 備前市教育委員会  
      
備前焼とその歴史を共有する由緒ある神社。
優美な建物で、好彦名命(すくなひこなのみこと)
と菅原道真を祀っている。


北大窯跡と忌部神社


忌部神社
史跡 伊部北大窯跡
伊部駅北東に約600m程歩けば天津神社があり
神社から見て裏山には 「伊部北大窯跡」
があります。
写真は 伊部北大窯跡で、
また、隣には忌部神社があります。
丁度天津神社の北側に位置にあります。
北大窯跡周辺には割れた陶器が
散乱している。

 
  史跡 市指定文化財(建造物) 備前市指定史跡
天津神社本殿 備前北大窯跡
昭和56年(1981)7月24日指定  昭和46年10月6日指定
 天津神社は、由緒書によると応永18年(1411)以前の創建で、昔は浦伊部にあったが、御神託により、天正7年(1579)に現在地に遷宮した。
本殿は棟札によると延宝6年(1678)の建築で蟇股、虹梁、木鼻の繰形が特にすばらしい流れ造りの、一間社で江戸時代の一間社建築としての、例のないすぐれた建築である。
境内には備前焼瓦で葺いた門、現代備前焼作家の陶印入り陶板をはめ込んだ塀、備前焼陶板をしきつめた参道などが配置されていて、初夏に咲く紫陽花の花と印象的なコントラストを見せている。参堂脇には万延2年(1861)の年号を持つ宮獅子が配置されている。                              
      
 北大窯跡には4基の窯跡があり、そのうちの一基(江戸時代の窯跡・全長45m、幅4.7m)は天津神社からの道で両断されている。
他の3基は忌部神社北西雑木林斜面に、
ほぼ平行して築かれている。
そのうちもっとも北西の窯跡(長さ47m、幅5.4m)は、江戸時代に書かれた「古伊部神伝録」には、応永年間(1394〜1428)に大窯が存在したと記載があるが、大窯跡からの採集資料には室町時代末期より逆にのぼるものは見つかっていない。最南のものは桃山時代の窯跡とされている。           
 平成12年(2000)2月 平成5年9月
 備前市教育委員会    備前市教育委員会


伊部駅北側に位置します。(ピンクマーク

クリックすると地図を拡大できます。

 


約30mの時の窯構成図(江戸末期の資料より)



メニュー

TOPに戻る