選び方

器を欲しいが、どんなものを購入すれば良いのか悩んでしまいます。
そんな時の参考になれば幸いです。    器の使い方を考えて見ますと、
収納 取り出し運ぶ 盛りつけ食事片づけ 洗浄
乾燥
また 収納 します。

単に見た目に美しく、食事をおいしく見せる盛りつけの器としての役目だけで判断すると
失敗します。
形が気に入り衝動買いして、後日しまったと思わないための参考にして下さい。
しかし生活環境は人それぞれに違いますから、最終的には自分で選ぶ外ありません。
「用と美」で飾る目的「美」で購入する場合は、見た瞬間の感動が大切で何か引きつけるものがある 作品を選びましょう。
単純に購入価格だけで判断しないことです。
 ■  目で探す
  • まず五感で判断します。
    直感です、器が好きで絶えず興味を持って器に接していたら次第に磨かれてくるものなのです。
    まず愛着を感じる事が一番大切で、見る目が出来てくれば選択も容易になりますが、 自分で見て、さわって感じ、購入し使って見る事が大切です。
    衝動買いしても飽きがくることもあり、使用しているうちに貴方の目も肥えて良し悪しが判断できる様になります。
 ■  重さで判断
  • 焼き物を持ち上げて見て心地良い重さがあります。
    この重さは歴史的にみて技術的に強く丈夫になるに従い、次第に軽くなって来ています。
    それぞれ器により、ほぼ重さは決まってきますが、お年寄りは重く感じますので出来るだけ軽く、 自分自身が納得出来る重さであれば、まず問題ないでしょう。
 ■  厚さで判断
  • 焼き物には心地良い重さがあることは述べました。
    重さの実現には厚みが大きく左右しています。
    作家レベルでは薄く轆轤を曳くことは、そう難しく有りません。
    薄くすればスッキリと表現できますが、 反面、実用的には充分気をつけて使用しないとすぐ損傷してしまいます。
    特に口縁には注意が必要で、「器には適度の厚みが必要」なのです。
    この選び方は日常使用する貴方の判断で大丈夫です。
 ■  収納を考える
  • まず収納する場所を先に決定します。
    購入してから考える人もいますが、狭い収納の場合は大変です。
    器の形によって収納出来る数がずいぶん違ってくるものです。出来るだけ収納しやすい 器を選びましょう。
    しかし収納スペースが充分にある場合には問題有りません。
 ■  用途、目的を明確に
  • 使用目的に合ったサイズを決めます。
    出来れば多目的にも使用できるサイズが好ましいです。
 ■  持ち易さで判断
  • 湯飲みを始め和食器には把手がありません。
    日本食器の特徴で、どの方向からでも安定して持ち上げることが出来るのです。
    手での持ち易さい大きさ、安定して握れるサイズは伝統的で、現在でもサイズ80mmは続いています。
    例えば台所にあるビン類もこのサイズを採用しています。 最終的には手で持ち易さの感触を判定します。
 ■  和洋折衷が良い
  • 和洋兼用(和洋折衷)出来る器が最適です。
    これに中華がプラス出来れば、更に最高です。
    宣伝するわけでは有りませんが備前焼等焼き締めの器で最適な器があります探しましょう。
    なぜなら、目的、用途別に多く揃えなくても多用途目的の器であれば収納する場所が助かります。
    更に、収納を考えるならば、年に一二度のみ使用する食器は考慮すべきです。
 ■  重ねられる器が良い
  • 仮に5枚購入した場合、
    ガタガタして重ねる事が出来なければ、場所が幾ら有っても足らなくなります。
    重ねてもぐらつかない器(安定性の良い器)が良いのです。
    また重ねると先端がカケてしまうのも考え物です。
    これらを考慮された器を買いましょう。
    これらは耐震性に強い器と云うことにもつながります。
 ■  形、構造を考える
  • 戸棚内で場所を取らず、取り出し易い器が良いのです。
    重ねられるのは和食器の特徴です。
    洋食器の様に、やたら把手は必要ありません。
    和食器は昔から手に収まりの良い寸法80mm前後を選んでいます。
    この寸法は把手がなくても落とす事もなく、持ちやすい寸法なのです。
    懐石膳は方尺二(36cm角)が決まりです。 その場合乗せて合う椀のきまり寸法は 四寸(12cm)ですから決まり椀が9個乗る勘定となります。
    これは一例ですが、多くの決まり事の組合わせ関係寸法について考慮されている器が良いのです。
    しかし、使用目的によっては難しく考える必要もなく自分自身が良いと思えば問題有りません。
 ■  盛りつけをを考える
  • 仮に欲しい皿のサイズがあった時、貴方が作る料理の盛りつけをイメージします。
    直感です。
    気に入れば即買い、少しでも迷いがあれば即やめましょう。
    この方法は人それぞれに答えは違ってきますが、貴方の好みのものが選択でき、 案外この直感は当たるものです。
    この方法は花器などの選択にも適用できます。

 ■  手作り品と注意事項
  • 作家物は殆どが手作り品で、型を使用して作陶している訳では有りません。
    それだけに、作家の個性的な作風がでて、大変面白い作品があります。
    従ってさほど個数(在庫)を保有している訳ではないので、近い将来また 同じ物の購入を考えるならば高くても枚数を同時購入する方が賢明です。
    同じ時期に作成した同種の作品ならば遊び心を入れて、仮に歪ませたり、 変形させて有っても優れた作品はうまく重なり収納しやすくなっています。
 ■  どんな作風が好き
  • 作家物は、それぞれに個性的な作品があります。
    手作り品で有っても型品と殆ど見分けがつかない程きっちりした作品や轆轤目を生かした作品、 更に削りや箆を使った作品、歪ませた作品等、いろいろな作風があります。
    人それぞれに好みが有るように作家も個性を持った作品を作陶しています。
    自分の好みに一致する器を見つけ手放せなくなるほど愛着がもてれば最高です。
 ■  美味しいのが最高!
  • 備前焼の器で、酒やビールを飲むと美味しいと評判です。
    例えばビアジョッキーでビールを飲むと泡立ちが良くまろやかで美味しくいただけます。
    これは磁器では見られない現象で、ぜひマイカップとして一つは持ちたい一品です。
 ■  保存性の良いものが最適!
  • 器に水を入れて長期に保存した場合、磁器やグラスの水は、早く濁り水は腐りますが、 備前焼に入れた水は全く濁っていませんし長持ちします。
    この現象を日常感じることができる例としては備前焼の花器があります。
    花は長持ちし、中の水も腐って臭いまでする他の花器と大きい違いが有るのです。
    また昔から備前焼の瓶は丈夫で水が腐らないと云われ、 戦国時代には城内の水瓶に備前焼の瓶が使用されていました。
    以上、少し余談となりましたが、 日常の器も盛りつけた後の保存性のよい器として、遠赤外線の放射率の高い備前焼が最適です。
メニュー

TOPに戻る